NASA Space Apps Challenge 2018

Space Apps
NASA Space Apps Challenge 2018 チャレンジテーマ特集
横浜クイズ協会は NASA Space Apps Challenge Tokyo に協力しています。

Space Apps Challenge Tokyo 2018 Input Day

CAN YOU BUILD A...

【A-1】バイオミメティクス(生物模倣)フライヤー  生物の構造や機能を参考にして、微小隕石や破片による宇宙船の損傷を調べる自律型フライヤーを設計してください。
NASAのページ
【A-2】火星センサー  火星で人間が使うセンサーを開発してください。
NASAのページ
【A-3】ミッションインフォメーション  国際ロケット打上げ情報を追跡するためのツールを開発してください。
NASAのページ
【A-4】持ち込み企画(クローバル審査対象外)  自身で挑戦テーマを決めて、解決してください。
NASAのページ

HELP OTHERS DISCOVER THE EARTH

【B-1】地球アート作品  NASAの地球画像データを使用してアート作品を作成するか、画像を加工してユニークなアート作品を作成できるツールを作成してください。
NASAのページ
【B-2】3次元天体ツール  地球を軌道から探索できるようにするWebアプリケーションを開発し展開してください。(NASAのWeb WorldWindなどの対話型仮想地球儀を使用して、データを視覚化します。 NASAのオープンデータポータルのデータセットを使用して、火災、氷、雲、隕石、水温を表示します。)
NASAのページ
【B-3】ドキュメンタリー「SpaceApps」  NASAのSpace Apps Challengeの本質を捉えるための短いドキュメンタリーを作成してください。
NASAのページ

VOLCANOES, ICEBERGS, AND ASTEROIDS (OH MY)

【C-1】災害別チェックリスト  特定の災害に応じてカスタマイズする、人々が使いやすく独自のチェックリスト(必要な資材と活動の両方の一覧)を作成するための方法を示してください。 (NASAの画像、ビデオ、またはデータ視覚化を使用して、それぞれの災害の種類を説明し、準備方法を理解できるようにします。)
NASAのページ
【C-2】山火事マップ  市民が山火事を早期発見、通知、検証、追跡、視覚化に貢献するためのクラウドソーシングツールを構築してください。
NASAのページ
【C-3】PR映像「小惑星ベンヌ!」  地球近傍小惑星べンヌを世界に伝える映像をつくってください。
NASAのページ

WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS...

【D-1】地球観測データの世界  NASAや「GLOBE Observer」のデータは教育で活用する可能性を秘めています。データ分析して表示したり、興味深い発見を伝えたり、国民の理解を深めるには、どのような方法があるか検討し、報告してください。
NASAのページ
【D-2】地球の土地利用  NASAの衛星データセットを使用して過疎地における土地利用の特徴付けを行ってください。
NASAのページ
【D-3】地球環境と動物  地球環境が人間や動物の健康にどのように影響するかを明らかにするために、地球科学データと生態データを統合し、関連性を示してください。
NASAのページ

AN ICY GLARE

【E-1】南極・北極クエスト  NASAのデータを使用して、北極・南極の様子を教えるためのクエストゲームをデザインしてください。
NASAのページ
【E-2】氷圏教育アプリ  地球の氷圏について学ぶためのアプリケーションを設計してください。
NASAのページ
【E-3】対極可視化ツール  極(南極・北極)の氷について、空間的・時間的変化を分析・可視化するツールを設計してください。
NASAのページ

A UNIVERSE OF BEAUTY AND WONDER

【F-1】宇宙望遠鏡画像のゲーム素材化  ハッブル宇宙望遠鏡(地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡)の画像を使用して、ゲームに活用できる素材を作成してください。
NASAのページ
【F-2】新版ゴールデンレコードのコンセプト  人間と太陽系についての宇宙開発文明を教育するためのコンテンツをデザインしてください。
NASAのページ
【F-3】月探査ミッションの計画  NASAのデータを使って、月の探査機ミッションを計画してください。
NASAのページ
【F-4】月・火星VR  NASAのリソースから3Dモデルを入手して、月と火星表面のVRを構築してください。
NASAのページ

↑ PAGE TOP